FXとはどのような特徴がある投資方法か

FXとは外国為替を利用した取引であり、2つの通貨を組み合わせて相場の変動や金利差で損益を出す投資方法です。
通貨を安く買って高く売る、またはその逆を行えれば利益になります。

また、金利の高い通貨を保有し続けることでも利益を重ねていくことができます。

ロケットニュース24の情報もあります。

FXで通貨を売買する際に、買値と売値には差があります。これは取引で発生する手数料と言えるもので、スプレッドと呼ばれます。
利用する通貨によって値に違いがあり、取引量の多い通貨であれば低くなります。

新しいFXの特徴をご紹介する情報です。

ただし、取引量が少ない時間帯に大きくなることもあるので注意します。2つの通貨の金利の差を示すものがスワップであり、新興国などの取引量の少ないマイナー通貨で高くなります。


これも固定ではなく、変動することがあります。


スワップがプラスになるようにポジションを持っていれば利益になりますが、マイナスになっていると損になります。FXの特徴として、買って売る、売って買う、のどちらでも行うことができるので、景気が悪くなっている状況であっても相場の変動を読むことができれば利益を出すことができます。


また、少ない投資資金で何倍もの金額で運用できることも大きな特徴です。


このレバレッジと呼ばれる仕組みは国内業者では25倍までになります。FXでは多額のお金を運用できるため、非常に大きな損失が出てしまう危険性があります。

そのためロスカットと呼ばれる仕組みがあり、口座の証拠金と損失の割合が一定値を超えると自動的に強制決済が行われます。これにより証拠金を上回る損失を抑えています。

ただし、決済は相手がいないと成立しないため、理論的には証拠金を超える損失が出ることもあり、この場合は超過分を追加で支払う必要があるので無理のない取引を心掛けましょう。